止まらない鼻水をスッキリ止める方法とは?

2020年04月22日
せきが出る女性

止まらない鼻水を早く止める方法があるので、つらい時にはぜひ試してみてください。即効性のある方法がいくつかあるので、それで早く楽になりましょう。

鼻の周りの血行を良くすると鼻の通りがとても良くなります。鼻が詰まっていたとしても通るようになるので試してみませんか。

まずは、タオルを用意してぬれタオルを作ります。しっかりと固く絞ってください。その濡れタオルをラップにくるんで電子レンジで温めます。1分くらい温めれば蒸しタオルの出来上がりです。この蒸しタオルを鼻に当ててみましょう。すると、じんわりと鼻周辺が温まってきて、鼻の通りがよくなり鼻水が止まります。電子レンジで温めるだけでできるので簡単です。

お茶を使った方法もあります。スーッとするペパーミントティーを濃いめに作ってみてください。その蒸気をかぐだけでもスーッとするので鼻水を止めることができます。ペパーミントティーならその後に飲んでも構いません。ペパーミントのアロマオイルをお湯に数滴たらして、その湯気をかいでも同じ効果があります。

どちらも持っていない場合は、ペパーミントティーのようなスーッとするお茶にしても構いません。それもない場合は、湯気をかぐだけでも十分です。湯気はとても暖かいので、蒸しタオルと同じような効果が期待できます。

以上はどの方法も鼻の周辺を温めることがポイントです。鼻の周辺の血流が良くなることが重要だからです。どれも即効性がありますので、鼻水が止まらない時にやってみませんか。

外出先の場合は、なかなか蒸しタオルを作ったりペパーミントティーが手に入らないでしょう。そう言う時は、小鼻の両脇にあるくぼみを押してください。迎香というツボを押すことで、早く止まらない鼻水を止めることができます。ツボを押す前に、手を温めておくとより一層効果的です。人差し指で鼻の両脇をこするようにすると良いでしょう。

水があれば、少しだけ水を口に含んでみてください。そのまましばらく水を口に含んでおくと、鼻の通りがよくなります。止まらない鼻水も止めることができる手軽な方法です。症状が改善されたら、その水は飲んでしまって構いません。

変わった方法もありますが、どれも基本的には鼻の周辺を温めています。花粉症であったとしても、温めてみてください。それだけで、きっと楽になるはずです。あまり血流とは関係ないような感じがするかもしれませんが、基本的には同じだと考えて構いません。風邪でも蓄膿症でも花粉症でも同じ方法をやってみましょう。

自宅でやる方法だけではなく、外出先でも即効性のある方法もありますので、外出先でも試すことができます。むしろ、外出している時につらい症状が出てしまうと大変です。血流をよくすることがポイントなので、少し厚着をしたり、軽い運動などで体を温めるのも良いでしょう。体温が上がれば全身の血流が改善されるために、止まらない鼻水も止めることができます。