もしかして間違っている?やってしまいがちな花粉症対策

2020年04月29日
花粉症なので調子がよくない女性

全然症状が緩和されない場合は、間違った花粉症対策を行なっているかもしれません。目の強いかゆみを生じる場合は、洗眼してしまいますが、洗眼のしすぎもよくありません。アイメイクなどを落としてから帰宅後に行います。適度にやる分には良いですが、洗眼のしすぎによって目に必要な涙を洗い流してしまうので気をつけてください。

花粉症にはヨーグルトや甜茶が良いと聞いたことはありませんか。たしかに、これらは良い対策の一つです。ただし、これらは薬ではありませんから即効性があるわけではありません。症状が出てからヨーグルトや甜茶を飲むのは間違いです。通年でヨーグルトや甜茶を食べたり飲んだりしないと思うような効果が出ません。花粉が飛散している時期だけではなく、毎日の習慣にしましょう。

玄関先で衣服についた花粉をパンパンと叩いて取り除いていませんか。これをやると、むしろ衣服の繊維の中に花粉が入りこんだり、空気中に舞ってしまいます。衣服についた花粉を玄関で取り除くこと自体は間違いではありません。衣服を叩くのではなく、濡れタオルを固く絞ったもので吹いたり、衣類用のコロコロで花粉を取り除いてください。

掃除機で床に落ちた花粉を取り除きたくなるかもしれませんが、これも間違いです。かえって花粉が部屋中に舞ってしまうので、掃除機よりも濡れ雑巾やお掃除シートを使って床掃除してください。朝は、花粉が床に落ちているので朝のうちにこれらを使います。掃除機を使う場合は、この後に使いましょう。朝のうちに濡れ雑巾やお掃除シートを使うことがポイントです。

ステロイド注射が良いと聞いたことはありますか。これもあまり良いとは言えません。ステロイド注射は副作用が強いので、やめた方が良いでしょう。副作用が出てしまい、そちらの治療をしないといけなくなるかもしれません。

今では、たくさん花粉症の良い治療薬があります。わざわざ副作用の強いステロイド注射をする必要はありません。自分の症状に合った治療薬を適切に使うだけで十分です。薬が合っていれば、それだけで辛い症状を緩和することができます。

ヨーグルトや甜茶が良いと言われているために、花粉が飛散してから急いで食べたり飲んだりしていませんか。あまり効果が出なくておかしいと思ったことがあるかもしれません。花粉症の治療薬も花粉が飛散して症状が出る前から服用を始めた方が良いです。発症する前から対策することで、症状をより一層抑えられます。だから、ヨーグルトや甜茶ならばなおさら早くから食べたり飲んだりしないといけません。

他にも間違った対策がありますが、どれかやったことはありませんか。一つはやったことがあるかもしれません。正しい対策に変えることで、花粉症をより楽にすることができます。まずは、間違いを正してください。一つでも間違った対策をしていると、辛い症状が出るかもしれません。間違い対策も覚えてそれをやらないようにしましょう。